ESDとは

 ESDについて,日本ユネスコ国内委員会が次のように説明しています。

「 
ESDはEducation for Sustainable Developmentの略で「持続可能な開発のための教育」と訳されています。
 今、世界には環境、貧困、人権、平和、開発といった様々な問題があります。ESDとは、これらの現代社会の課題を自らの問題として捉え、身近なところから取り組む(think globally, act locally)ことにより、それらの課題の解決につながる新たな価値観や行動を生み出すこと、そしてそれによって持続可能な社会を創造していくことを目指す学習や活動です。
 つまり、ESDは持続可能な社会づくりの担い手を育む教育
です。」

 面瀬小学校のESDを強く推進しています。

 ESDについて,さらに詳しく知りたい方は,文部科学省のHP(下記のリンク)を参照してください。

文部科学省 日本ユネスコ国内委員会HP
 

本校のESD

 本校のESDは,低学年は生活科,中・高学年は総合的な学習の時間を中心に,教科・領域を横断して指導しています。

 各学年の1年間の学習を概観できるものがESDカレンダーです。
 これは,ESDの簡単な年間指導計画ともいえます。
 本校のESDカレンダーです。 ESDカレンダー.pdf

 これは,3~6年の総合的な学習の時間の詳しい計画です。
第3学年総合計画.pdf 
第4学年総合計画.pdf 第5学年総合計画.pdf 第6学年総合計画.pdf

 本校のESDにかかわる校内研究の考え方です。 校内研究概要.pdf

 取組の概要を端的にまとめたユネスコスクールの報告書です。 ユネスコスクール報告書.pdf
 

ESDの研究構想図